省エネ!最新ニュース|省エネ、エコ、節電に関するニュース
 省エネ!最新ニュース|省エネ、エコ、節電に関するニュース

サッポロ タイでキャッサバパルプを用いたバイオエタノール製造技術のコンサルティング契約を締結

新製品
展示会/イベント
カーボンオフセット
補助金
省エネ 新着30件






























サッポロ タイでキャッサバパルプを用いたバイオエタノール製造技術のコンサルティング契約を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
NEDOプロジェクトの成果
サッポロホールディングス株式会社(以下、サッポロ)は、世界初となるキャッサバパルプを用いたバイオエタノール事業の実用化に向けて、バイオエタノール製造技術の提供とプラント設計に関するコンサルティング契約をタイ王国のInnotech Green Energy Company Limited(以下、IGE社)と、2017年1月9日に締結した。

キャッサバパルプ
キャッサバパルプはキャッサバイモからタピオカを抽出した廃棄物で、タピオカ輸出国のタイでは年間260万トンが排出される。

同国は2012年にエネルギー使用量の25%を代替エネルギーとし、その中でバイオエタノールを1日9,000kl導入する目標を掲げている。

キャッサバパルプがバイオ燃料に
NEDOは2011年度からサッポロビールと磐田化学工業株式会社に委託した実証事業を開始し、同国に竣工したプラントでの実証運転を2015年11月まで行った。

サッポロは、繊維分が多いためバイオエタノールの原料には不向きとされてきたキャッサバパルプに酒類製造での発酵技術を応用し、NEDOプロジェクトで持続可能なバイオエタノール製造技術の有用性を確認した。

今回の契約で同社はIGE社が建設するバイオエタノール製造プラントのプラント設計作業と技術支援を行う。プラントの製造能力は年産6万klで、温室効果ガス削減効果は年間約12万トンを見込む。これは同社が国内酒類事業で排出するCO2排出量のほぼ1年分に相当する。

今後、同社はこのバイオ燃料製造技術をキャッサバ栽培に取り組む他のASEAN諸国へと広げていく考えである。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

サッポロホールディングス株式会社 ニュースリリース
http://www.sapporoholdings.jp/


Amazon.co.jp : キャッサバパルプ に関連する商品
  • 大成建設 大型燃料電池をスマートコミュニティに活用へ(1月19日)
  • UAE発電・海水淡水化プラント向けの制御システムを受注(1月18日)
  • 「第2回エコハウス・アワード」エントリー受付開始(1月18日)
  • J-POWER「第24回エコ×エネ・カフェ」開催(1月17日)
  • 日印で系統用蓄電システム導入に向け実証前調査を実施(1月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->